に投稿

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場


シンガポールを拠点として世界中にサービスを提供している暗号資産取引所「MEXC Global」は2021年11月15日に、dHealth Networkが発行している仮想通貨「デジタルヘルスポイント(Digital Health Point/DHP)」の取扱いを開始しました。

こちらから読む:PlanB氏、年末のBTC価格予想を引き下げ「暗号資産」関連ニュース

MEXC Global「DHP/USDT」の取引ペアを追加

シンガポールを拠点として世界中にサービスを提供している暗号資産取引所「MEXC Global」は2021年11月15日に、dHealth Networkが発行している仮想通貨「デジタルヘルスポイント(Digital Health Point/DHP)」の取扱いを開始したことを発表しました。

dHealth Networkは研究のための患者登録・健康診断書の発行・投薬追跡などといった医療分野のデータ管理・共有に活用されるヘルスケア分野に特化したブロックチェーンネットワークであり、ビタミン剤の生産やタミフルの販売などで知られるスイスの大手製薬・ヘルスケア企業「Roche(ロシュ)」がスーパーノードとして参加していることでも知られています。

MEXC Globalが新たに追加した取引ペアは「DHP/USDT」となっており、入出金・取引はすでに開始されています。上場直後はDHP価格が一時的に0.24ドル(約27.4円)まで上昇していたものの、その後はやや下落しており、記事執筆時点では「1DHP=0.13ドル(約14.8円)」で推移しています。

デジタルヘルスポイント(Digital Health Point/DHP)は比較的新しい仮想通貨であり、ここ最近でようやく市場価格が明らかになった段階であったため、今後の価格動向などには注目が集まっていましたが、今後も有名な暗号資産取引所にDHPが上場していけば、正確なDHP価格が定まっていくことになると期待されます。

「MEXC Global」はDHPの取扱い開始を記念して、入金&トレードで20万DHPが当たる『Deposit and Trading Contest』なども開催しているため、今後はDHP取引も活発化していくことになると期待されます。

なお「MEXC Global」は日本では暗号資産交換業者の登録を行なっていない海外の暗号資産取引所であり、公式発表のDHP紹介欄では”プロジェクト側から提供された参照用データ”として「ERC20規格のDHP」が紹介されているため、MEXCで取引する場合やDHPをMEXCに入金する場合などは、間違った規格のトークンを送金したりすることがないように事前にしっかりと調べてから行う必要があると考えられます。

>>「MEXC Global」の公式発表はこちら